SAKURA MOA-

SAKURA MOA-

観葉植物の育て方いろいろ

今まで、観葉植物は鉢に植えて床で育てるものだと思っていました。

 

実際我が家にはウンベラータが鉢に収まり、コロコロ滑車に乗せて床に置いてあります。

 

コロコロ滑車の良い所は、重たい観葉植物でも自由に動かせる事です。

 

掃除の時でも簡単に移動できますし、日当たりの良い所へ簡単に移動出来ます。夏は直射日光が当たりにくい場所に移動もできるので重宝しています。

 

 

もう1つ、ポトスもずっと育てています。丈夫で枯れにく、増やす事も可能です。暖かっくなったら押木して増やそうと思っています。

 

 

この様に、家では床に置くタイプの観葉植物しかありません。

 

 

最近かなり気になっているのが、ぶら下げタイプの観葉植物です。壁に掛けるタイプも販売していますが、私は断然ぶら下げタイプに魅力を感じます。

 

 

ぶら下げタイプというと、何というか白い器にもさっとした葉っぱがある様な、生花店のハンキングを想像しがちです。しかし今の「吊るす」観葉植物は、かなりモダンです。ガラスの中にエアープランツを寄せ植えし、透明感のあるオブジェにして楽しむのが最近流行っています。

 

 

これを何個か用意して天井から吊るすと、部屋の雰囲気がガラリと変わります。

 

 

狭い部屋だからあまり観葉植物を置きたくない、子供が小さいから観葉植物を置けないと嘆く前に、ちょっと工夫して「吊るす」オシャレをたのしんでみてはいかがでしょうか。

 

 

空間にちょっとした世界観が広がり、観葉植物がもっと好きになるでしょう。私の友達も観葉植物を吊るす事にハマっていて、少々緑が多すぎる程になっています。

 

それでもこの家に行っては毎回癒されている私です。

 

頭髪の状態があまりよろしくない・・

一時は頭髪の状態が良くないと、美容師の友人いわれてしまい、かなり落ち込んだこともありましたが、最近その友人から頭髪が回復していると言われてものすごくテンションが上がっています。

 

 

若い時には髪の毛を思いっきり染めたり、ワックスを塗りまくってセットしたりと、頭髪にとって悪影響なことばかりをしてきましたが、そのときはオシャレに夢中で髪の毛のことなんて意識もしていませんでした。

 

 

ですが、30歳を超えたあたりから髪の毛が昔よりも細くなったり、量が減ってきたように感じてからだいぶあせるようになりました。

 

 

最初は気が付かないふりをしていましたが、美容師の友人に髪の毛が痛んでいることを指摘されてから、髪の毛と向き合うようになりました。

 

 

友人のアドバイスでシャンプーやトリートメントを変更したり、食生活や洗髪の仕方など、髪の毛にとって良い環境になるように生活していったところ、半年ほどで髪の毛にツヤが戻ってきて、最近では指どおりも滑らかになるくらい回復してきまし。

 

 

昨日久しぶりにあった友人に髪の毛の状態を褒められてからは有頂天です。とはいえ、髪の毛は徐々に痛んだり抜けて行ってしまうことには変わりはないらしく、今の頭髪の状態を維持していくためには、ちゃんと頭髪ケアを心がける必要があるとのことでした。

 

 

せっかく回復した頭髪ですし、このまま良い状態を保ちたいので、今後も頭髪や頭皮に良い生活を続けていきたいと思います。

 

 

年をとってから後悔はしたくありませんからねw

 

ごっそりいかれてる恐怖

朝起きたり、洗髪後に抜け毛が目立つようになってきてしまいました。

 

私もついに髪の毛を意識するようになってしまいました。

 

昔は人よりも髪の毛が剛毛で、その量も多く自分は薄毛なんてまったく関係のないと思っていましたが、40代をこえてから一気に抜け毛が進みました。

 

最初はたいして気にもしていませんでしたが、鏡の前にたつたびに頭髪が気になるようになり、少しづつ髪の毛の密度が低くなり、徐々に頭皮が見えてくるようになってしまいました。

 

 

どうやら私は頭頂部から髪の毛が抜けてくるようです。両サイドの髪の毛でなんとかごまかしてはいますが、それもいつかは限界がくるでしょう・・・毎日抜け毛を見るたびに落ち込むようになってしまい、自分の髪の毛の大事さを今更ながら痛感しています。(抜け毛予防はコチラ)

 

 

 

思えば、今までに髪の毛にとってよくない生活ばかりをしてきたので、薄毛になるのも仕方がないのかもしれません

 

 

バランスの悪い食事、睡眠不足、雑な洗髪、適当なドライヤー、髪の毛のことなんて意識もしたことがなかったので仕方がありませんが、こんな生活をしていれば、頭髪や頭皮にはダメージが蓄積されていったのでしょうね。

 

 

なんにしても振り返っても時間は戻ってくることはありません。これからは頭皮や髪の毛を意識して生活してみようと思います。

 

 

それでも薄毛になってしまったら、植毛や増毛も考えてみようかなーと思っています。